ぬいぐるみに関する百科事典の知識

今日は、ぬいぐるみの百科事典を学びましょう。

ぬいぐるみは人形で、表地から生地を縫い、柔軟な素材を詰めたものです。ぬいぐるみは、19 世紀末にドイツのシュタイフ社から生まれ、1903 年に米国でテディベアが誕生したことで人気を博しました。一方、ドイツの玩具発明家リチャード・シュタイフも同様のクマをデザインしました。1990 年代に ty Warner は Beanie Babies を作成しました。これは収集品として広く使用されているプラ​​スチックの粒子を詰めた動物のシリーズです。

ぬいぐるみはさまざまな形で作られていますが、そのほとんどは本物の動物 (誇張された比率や特徴を持つ場合もあります)、伝説の生き物、漫画のキャラクター、または無生物に似ています。それらは、さまざまな素材を使用して商業的または国内で生産できます。最も一般的なのはパイル織物です。たとえば、外層の素材はプラッシュで、中綿の素材は合成繊維です。これらのおもちゃは通常子供向けに設計されていますが、ぬいぐるみは年齢や用途を問わず人気があり、コレクターやおもちゃの価値に影響を与えることがある大衆文化における人気の傾向が特徴です。

ぬいぐるみに関する百科事典の知識

ぬいぐるみはさまざまな素材でできています。最も初期のものは、フェルト、ベルベット、またはモヘアでできていて、わら、馬の毛、またはおがくずが詰められていました。第二次世界大戦後、メーカーはより多くの合成素材を生産に投入し始め、1954 年には掃除が簡単な素材で作られた XXX テディベアを生産しました。現代のぬいぐるみは通常、表地(無地の布など)、パイル生地(ぬいぐるみやテリークロスなど)、時には靴下で作られています.一般的な充填材には、合成繊維、綿棒、綿、わら、木質繊維、プラスチック粒子、豆などがあります。現代のおもちゃの中には、ユーザーを動かしたり操作したりする技術を使用しているものがあります。

ぬいぐるみは、さまざまな種類の生地や糸で作ることもできます。たとえば、手作りの人形は日本のタイプの編み物またはかぎ針編みのぬいぐるみで、通常、かわいい (「かわいい」) ように見える大きな頭と小さな手足で作られています。

ぬいぐるみは、特に子供たちにとって最も人気のあるおもちゃの 1 つです。それらの用途には、想像力豊かなゲーム、快適なオブジェクト、ディスプレイまたはコレクション、および卒業、病気、慰め、バレンタインデー、クリスマス、または誕生日などの子供および大人へのギフトが含まれます。2018 年のぬいぐるみの世界市場は 79 億 8,000 万ドルと推定されており、ターゲットとする消費者の成長が売り上げの伸びを後押しすると予想されます。


投稿時間: Sep-01-2022

ニュースレターを購読する

当社の製品または価格表に関するお問い合わせは、メールでお問い合わせください。24 時間以内にご連絡いたします。

フォローする

私たちのソーシャルメディアで
  • sns03
  • sns05
  • sns01
  • sns02